この動画を削除しました

ランキング切り替え:
  • View:0


長編ムービー


ショートムービー

1999年、『学生の映画の甲子園』を合言葉に、【JCF学生映画祭】は誕生しました。「ゆうばり国際ファンタステイック映画祭 特別協賛企画」(※)として、949団体のクラブ・同好会・サークルが所属する日本サークル連盟「Japan club・circle federation」が主催しました。

第1~3回を夕張市にて開催、第4回を沖縄県那覇市との共催でアジア部門も拡充し、受賞監督に新作映画を製作支援する「オキナワコンテンツラボ」を実施しました。

第5回、畳の上で映画祭としては世界初となる東京は大江戸温泉内での開催。この回のグランプリ受賞者である月川 翔さん(受賞当時、成蹊大学在学)は、2010年の「LVMH(ルイヴィトン)映画祭」で短編部門のグランプリを受賞しました。

第6回は「愛知万博」の公式プログラムとして、EXPOHALLで開催。世界各国の学生作品を上映し、世界レベルの圧倒的な水準を紹介致しました。

第7回以降は学生の学生による学生のための映画祭として、学生のみによる運営形態に衣替えをしました。

第7回を、東京・上野の東京国立博物館で開催した後、夕張市の財政破綻の報を聞きました。私たちの“生まれ故郷”である夕張の地に恩返しをしたい。その思いから、映画祭名称を【夕張国際学生映画祭】とし、第8回(2007)・第9回(2008)は夕張の地で開催しました。

その後、サブカルチャーによって地域の発展・活性化を目指している鳥取県で第10~12回を3年にわたって開催。第13回は「山形国際ムービーフェスティバル2014」と連携し、東北での開催を致しました。

2016年、第14回目となる【JCF学生映画祭】は、京都・大阪でのダブル都市開催を致しました。

※ゆうばり国際ファンタステイック映画祭
JCF学生映画祭は、1989年当時の竹下内閣の<ふるさと創生資金>の1億円を活用し、地域振興という目的の為に夕張市が主催・開催した、この映画祭の特別協賛企画を起源にもちます(現在の同名の映画祭がありますが、主催形態が違います)。

得意ジャンル/スキル

コメントを削除しました。

  • キャンセル

    違反内容を報告してください

    ▼選択してください
    ▼詳細を記入してください
    ▼メールアドレスを記入してください

    権利物について

    【権利物とは】
    ・映像(CM・テレビ番組・映画等)
    ・写真(人物・物・建造物・風景等)
    ・出版物(雑誌・書籍・新聞・地図・CD等)
    ・キャラクター(アニメ・漫画・ゆるキャラ等)
    ・ゲーム(テレビゲーム・アプリ等)
    ・美術品(絵画・浮世絵・壁画等)
    ・商標・ロゴ(ブランド・会社・商品等)
    ・主要取材先(飲食店・コンビニ・会社・鉄道・寺社仏閣等)
    ・文芸(短歌・俳句・詩等) 
     ※第三者の権利、または法律上保護される利益の全てをいいます。

    【音楽使用に関する注意点】
    ・原則、音源(一般発売のCD・レコード・DVD・ダウンロードした音楽デー タ等)は使用せず、
     自分で演奏・作成した音源とフリー音源のみ使用してください。
    ・楽曲使用(歌唱・演奏)の場合は、「使用楽曲名」「作詞者名」「作曲者名」の報告をお願いします。

    DREAM FACTORYでは、上記の権利物について確認させて頂いた上で作品を公開させて頂きます。
    投稿いただいた映像がそのまま公開できない場合がありますので、予めご了承ください。